Blog:e読書ラボ RSS Feed

AppleのiPod touch(第5世代)を追加しました。

2012/10/29 16:02

AppleのiPod touch(第5世代)を「体験できる電子書籍端末」に追加しました。

触ってみての第一声は、「薄っ!」
第5世代はRetinaディスプレイ搭載で、サイズは3.5インチから4インチへと大きくなったので全体的に見やすくなったように感じます。
カラーバリエーションも豊富で、e読書ラボにはイエローを置きました。(実際にみると黄緑色に近いです)

古本まつり期間中は10時半から19時まで開館します!

2012/10/25 11:27

e読書ラボは「神田古本まつり」期間中、開館時間を拡大します!

10/27(土)~11/3(土・文化の日)
開館時間:10:30~19:00
日曜日(10/28)、祝日(11/3)も休まずに開館します!

――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――e読書ラボイベント情報――゚+.――゚+.――゚+.――゚+.――

電子出版制作・流通協議会
「電子書籍体験コーナー」を神田古本まつり 期間限定で開設

一般社団法人 電子出版制作・流通協議会は、国立情報学研究所 連想情報学研究開発センターが企画する「e読書ラボ」の協力で、10月27(土)から開催される第53回 神田古本まつりの期間中にあわせて電子書籍を体験できるコーナーを設置する。場所は、神田神保町の「本と街の案内所」内に設置し、電子書籍、電子雑誌が試 し読みできる端末を用意する。電子書籍は小説、ミステリー、ライトノベル、ノンフィクション、ビジネス書などそれぞれの端末に約 100種類、電子雑誌は、週刊誌、女性ファッション誌、男性ファッション誌、グルメ情報誌、旅行誌など約600誌の試し読みができるようにする。

この企画は、

本好きの読者が集まる神保町で電子書籍を体験してもらうことが電子出版の普及につながるというねらいのもと、電子出版制作・流通協議会の普及委員会が主体となり推進してきた。「e読書ラボ」は,未来の読書環境の提案を行なう実験室として2011年9月に開設され、市販の電子書籍端末が常設されている。今回の「電子書籍体験コーナー」は、神田古本まつりの期間中に、試用できる電子書籍端末およびコンテンツを増設して、より多くの来場者に電子書籍による読書を体験してもらうことを目的としている。

 

開催日時 2012年10月27日(土)~11月3日(土)
開催時間 10:30~19:00
場所 千代田区神田神保町1-7-7「本と街の案内所」内
主催 一般社団法人 電子出版制作・流通協議会
協力 国立情報学研究所 連想情報学研究開発センター
問い合わせ先/一般社団法人 電子出版制作・流通協議会 事務局
電話 03-6380-8207
E-mail  info@aebs.or.jp

10月26(金)はお休みします。

2012/10/25 11:23

古本まつり準備のため10月26日(金)はお休みいたします。(本と街の案内所もお休みです。)

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

SonyのReader PRS-T2を追加しました。

2012/10/03 12:27

SonyのReader PRS-T2を「体験できる電子書籍端末」に追加しました。

ホームボタンはお家の形にするなど、直感的でわかりやすいデザインのボタンですね。

電子ペーパーの端末を試された方からの感想で、“ページをめくった時、画面がチカチカするのが気になって読書に集中できない”という声をよくお聞きするのですが、この端末は画面の白黒反転を最大15ページに1回と低減しているので、画面のチカチカが気になる方にも試していただきたいです。

新聞記事の中でe読書ラボが紹介されました。

2012/09/21 15:58

読売新聞 2012年9月20(木)の朝刊17面の記事でe読書ラボが紹介されました。

「なっ解く デジタル 電子書籍 ネットで購入、本棚不要」

電子書籍端末の特徴や、電子書籍ストアでの購入について分かり易く解説されていました。

記事は、連想情報学研究開発センターのサイトからご覧いただけます。

 

手に入らない話題の本は、電子書籍のチャンス?

2012/09/18 17:19

e読書ラボは神保町の本や街についてご案内する「本と街の案内所」内に設置されており、スタッフは日々本探しのお手伝いも行っています。本を探している皆様からお聞きするお話は、今後の読書や電子書籍についてもとても勉強になるため、e読書ラボにいる時はできるだけお話をお聞きするようにしています。様々なお話を聞くなか、先週珍しい事が起こりました。

ある男性が、“山本周五郎の「男としての人生」を探しているのですが、神保町の書店でどこかにないでしょうか”とスタッフに質問をしていました。

 

男性が探していた本は

男としての人生 : 山本周五郎のヒーローたち

木村久迩典著

 

スタッフは神保町の古書データベース日本の古本屋、アマゾンや新刊書店のデータベースも使って調べていましたが、どうしても購入できるお店を見つけることができず、神保町で木村久迩典著の書籍をいくつかおいている古書店をご案内していました。

(木村久迩典氏は、山本周五郎の担当記者だったようです。Wikipediaより)

男性が案内所を出られた後、スタッフが“この本を尋ねられるのは、今日で2回目なんです”と教えてくれました。珍しい事もあるなくらいにしか思っていなかったのですが、その日から同じ本を尋ねる人が一日に数人現れ、これはなにかあると、スタッフと調べてみました。

すると、2012年9月8日にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にて高倉健スペシャルが放送されており、その中で高倉健さんの愛読書として「男としての人生」が紹介されていました。

これで納得!しかしこの本をおいている書店は見つけられないまま… ある男性は、“ありそうな古書店に行ってきたけどね、お店のご主人も今日だけで4〜5回聞かれているらしい。再版をまったほうがいいかもね、と言われたよ”と残念そうでした。

この本をお探しの皆さんは、「読んでみたい!」という気持ちが強いようだったので図書館でも探してみました。ところが、蔵書が確認できた図書館でも既に予約が入っており、1ヶ月くらいは順番が回ってこないような感じでした。

 

こういう時こそ、電子書籍!と思ったのですが、残念ながら電子書籍化はされていませんでした。

本に限らず、テレビなどで紹介されるとお店の棚からその商品が無くなってしまうという事はよくあります。しかし、電子書籍は一度出してしまえば絶版や品切れの心配のない物です。ある本を読んでみたいと思った時、書店になく、図書館も予約がいっぱい、でも電子書籍ならあるとなれば、電子書籍を読んでみるキッカケにもなると思います。なんでもそうですが、新しい事は興味ある所から入るのが一番と思います。こうしたキッカケを逃さないように、要望がでたらすぐに電子書籍で読めるようになってほしいですね。

 

 

夏季休業のお知らせ

2012/08/08 11:37

e読書ラボは、8/13(月)〜8/18(土)までお休みをいただきます。

お盆休みにe読書ラボに行ってみよう!と思っていて下さった皆様には申し訳ございません。

素敵な夏休みを!