e読書ラボ
本の街・神保町に小さな実験室ができました。
住所
アクセス
お問い合わせ

e読書ラボ for Woman

2013/02/08 by mashita
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


電子書籍もオシャレに持ち歩けたら、もっと気軽に始められるのではないか。この思いはe読書ラボが始まり、日々増えていく電子書籍ストアや端末に触れるなかで常にありました。新しいものが登場すると、注目されるのは画質や容量、電子書籍のファイル形式やコンテンツ数など「その道の人」に向けた情報が多いように感じていました。最近ではカラーバリエーションのある端末もでてきましたが、気軽に電子書籍の読書を始めたいと思っている人には、近寄りがたい印象を受けます。

友人と「端末」や「電子書籍」について話をする機会が多いのですが、なんとなく遠巻きにされているような感じもあり(笑)、電子書籍だってステキに持つことができたら親しみもあっていいのにと考えていました。そんな時、 女性を意識して作られる商品は、製品としての良さだけでなく、見た目の美しさや使いやすさがとても考えられている事に気づきました。コンパクトで華やかなデザインを意識した電動歯ブラシや耳元をキラキラさせるイヤホン、爪を傷つけないように考えられた充電池セットなど、つい手に取りたくなるものばかりです。この視点を電子書籍にも取り入れてステキに持ちたい!そんな思いから、女性に向けたおしゃれな電子書籍ライフを提案する、e読書ラボ for Womanを期間限定で始めました。

e読書ラボ for Womanでは、女性が端末を持ち運ぶ時、実際に利用する時、自宅に置いておく時を想定し、電子書籍をステキに持つための7のポイントを展示します。

〜point1〜寒い冬の日には手袋をつけたまま読書しよう

冬の屋外での操作は手が震えてしまいそう。タッチパネル対応のオシャレな手袋を用意しているので、実際に手にはめて端末を操作して下さい。

 

 

〜point2〜ネイルを傷つけない!タッチペンで操作してみよう

キレイにネイルした爪でタッチすると、先が剥げてしまったり折れてしまわないか心配です。そんな時はキラキラタッチペンで操作してみて下さい。画面が指紋で汚れない利点もあります。

 

 

〜point3〜バッグに入る端末はどれか試してみよう

仕事などで使うバッグはA4サイズも多いですが、休日のお出かけやデートの時には、小さめバックを持ち歩きたいものです。大きさの違うバッグを用意したので、端末が入るかどうか試して下さい。

 

 

〜point4〜どれくらい重いのかはかってみよう

スケールを用意しているので、展示している端末やお手持ちの携帯電話、本などをはかって重さを比べて下さい。女性が手軽に持ち運べる重さはどこまででしょう。

 

 

〜point5〜自分好みにカワイくしよう

端末を持った時に、周囲からどう見えているのかも気になる所です。展示している端末は、キャラクターのイヤホンジャックカバーをつけたり、背面をDecoしたりと飾り付けをしています。実際に手に取って壁の鏡に映して下さい。

 

 

〜point6〜液晶画面を変身させよう

保護シールを使えば画面を鏡にしたり、覗き見を防止することができます。展示しているiPad miniには、1.指紋がつきにくい 2.キラキラ 3.鏡 4.覗き見防止 の4種類を貼っているので、好みのシールを見つけて下さい。

 

 

〜point7〜充電だってカワイくしよう

黒いケーブルがいっぱいのお部屋では可愛さが半減。カラフルにしたり、ケーブルを隠せる芝のチャージングステーションを用意しました。